FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花菜ガーデンへ行ってきました

神奈川県平塚市に3月1日より農業・園芸をテーマにした「花菜ガーデン」がオープンしました。
前日に地元民を対象に施設が開放されるとのことで、私もプレオープンに参加してきました。
preopen

午前中までかなり雨が降っていましたが、14:30からのプレオープン前には雨もやみ、多くの方がプレオープンに訪れていました。

全体の規模は横浜スタジアム3.5個分(約95,000㎡)と大きく、
テーマは園芸と農業で、この施設を通して園芸と農業を学び・体験するというのが目的のようです。

施設は中央の広場を中心に
①めぐみの研究棟ゾーン
②フラワーゾーン
③アグリゾーン
のエリアに分かれていました。
map


中央広場(みはらしデッキより)
中央広場

展望台


①めぐみの研究棟ゾーン
入り口周辺のレストラン・ショップのほかに展示場・ライブラリー、クラフト実験室、料理等の研修ができるキッチン工房等がありました。子供たちのサブ的な教育施設といったところでしょうか。
jikkenntou
図書館
図書館
キッチン
キッチン

②フラワーゾーン
いろいろな植物を広い庭園の中で見せていく内容となっていました。基本的に園芸が好きな方向けのエリアだと思います。私にはちょっと退屈なエリアでした。

③アグリゾーン
田んぼ・畑・ビニールハウス(プラントハウス)があり農業体験ができるエリア
hatake

hatake2

ta

子供広場(子供は思いっきり走り回ってました)
kodomohiroba


プレオープンで園内を一通りみて「なんかつまらん」「こんな箱モノを…」とおじさんがぼやいてましたが・・・
派手な施設・企画はないので、よくあるテーマパークに慣れてしまっている私たちがここを訪れると特にやることもなく、期待外れとなりそうです。

ちなみに子供をハイキングに連れてくる・目一杯走らせるには良いところです。(妻も年間パスを買うとのことです)
イメージとしては一般の方は花菜ガーデン企画の園芸のスクール、子供たちは学校の授業の一環でここに来て農業や園芸を体験するというイメージでしょうか。
農業体験とか自然との接点を持ってもらうような、そんな施設でした。

周辺ではすでに1月にオープンしている「湘南いちご狩りセンター」のほか、3月14日には地元野菜を直売する「あさつゆ広場」、3~4月には周辺の田んぼでれんげ畑が楽しめ、4月上旬には「農の体験・交流館」「金田市民農園 マイ菜ファーム」などが順次オープンする予定となっており、花菜ガーデンを中心に地域全体で農業・園芸をテーマにした「ひらつか花アグリ」が作られていく予定のようです。(http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/shared/000050170.pdf

スポンサーサイト

テーマ : 関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨)
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

今日の報告

Author:今日の報告
値引額連動型の仲介手数料体系
ライズ・エステート合同会社
仲介手数料定額21万又は仲介手数料無料

ホームページはこちらをクリック
http://www.rise-estate.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。