スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラットSの1%金利優遇、前倒し終了発表

フラット35Sの1%優遇がついに前倒し!


住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の手がける「フラット35」に動きがありました。
住宅ローンの中でも超長期の固定金利で融資が低利で受けられる「フラット35」ですが、その目玉商品である「フラット35S」の当初10年間の1%優遇金利枠が、予想以上の申込のため政府の予算枠を超えたため、

当初の申請期限平成23年12月30日までを繰り上げて

申込期限を平成23年9月30日

に前倒しするむね発表があり、金利引下げ幅拡大の適用期間を当初予定より3か月前倒して終了することになりました。


これにより、平成23年10月1日以降の申込分については

当初10年間の優遇金利は1%優遇から

0.3%優遇となります。


フラット35は低利な超長期固定というだけでなく、現状職種や転職等、通常の銀行融資ではローン組成が難しい方でも比較的住宅ローンが組みやすい仕組みになっている商品です。とくにフラット35Sは当初の金利1%優遇を利用すると住宅購入が非常に検討しやすくなる商品となりますので、フラット35Sを利用した住宅購入を検討されている方はひとまず9月末を目標にお住まいの購入をお勧めします。


詳しくは住宅金融支援機構のホームページに案内がございますのでご覧ください。

http://www.flat35.com/topics/h23_08.htm






スポンサーサイト

テーマ : マイホーム
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール

今日の報告

Author:今日の報告
値引額連動型の仲介手数料体系
ライズ・エステート合同会社
仲介手数料定額21万又は仲介手数料無料

ホームページはこちらをクリック
http://www.rise-estate.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。