スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/13より久しぶりの更新となりました。
忙しさのあまり一度書かなくなるとズルズルと書かなくなってしまうものだと実感いたしました。

やはり3月は忙しくあっという間に月末になってしまいました。
世間は年度末ということもあり今日あたりはもうばたばたとただ時間が流れていくだけという会社も多いことでしょう。

いろいろあったのですが、前回より検討していた仲介手数料体系が「基本報酬0.5%+実績報酬」ということで決定致しました。ホームページの中身を急遽0.5%に直さなければならず、パソコンに張り付かなければならない日々を送っていましたが、ようやく更新も終わりましたので、改めて不動産の業務に励んでいきたいと思います。
スポンサーサイト

仲介手数料を・・・

昨年の10月半ばから今年の1月31日までオープニングキャンペーンを開催してました。
キャンペーン内容はズバリ仲介手数料「0.8%+実績報酬」を「0.5%+実績報酬」というものです。
当初、出足勝負というところもありキャンペーンをやらせていただき、おかげさまで多くの反響を頂いただのですが、ここにきて多少問題が・・・。

キャンペーン明けから本日まで11件のご連絡をいただいているのですが、その約7割の方が「キャンペーンの0.5%」で基本手数料をやってくれないかとのご相談。

果たして値引き交渉をするものがされる側に周ってしまっている状況で何か良い解決策がないかと模索中です。
今検討中のプランがうまくいけば「基本手数料0.5%」でも十分運営できるの思うのですが・・・。
全体の採算ラインというものがありますのでお客さんの声と会社の経営とバランスとをどのようにとっていくか、非常に難しい課題です。

テーマ : 意見・つぶやき
ジャンル : ビジネス

スギハラダラーを買いました

本日「スギハラダラー」を買いました。



午後より全日本不動産協会の研修会があり、第一部で手嶋龍一氏が最近の情勢説明として「危機の中の日米同盟」というテーマで講演を行いました。

kaijyou


実は昨日、たまたま本屋によった折、手嶋氏の本を手にとって買おうかどうか迷ったのですが、今日、手嶋氏の講演があることを思い出し、たぶん新刊なので書籍販売のブースがあるだろうと思い一時購入を見送りました。

そして本日、講習の受付を済ませて席まで行く途中、予想通り本の販売ブースがありました。
そこになんと販売前の準備で手嶋氏が本にサイン入れているではありませんか。

その場に本人もいることですし、忙しそうなところ申し訳ないのですが「一冊いただけますか」と売り場の方に声をかけると

手嶋氏が「名前を入れて差し上げましょう」とのこと。

teshimashisign


サイン入りの本に私の名前を入れて頂き、最後に握手をしてもらいました。
特に手嶋氏のすごいファンというわけではありませんが、ちょっと嬉しかったです。
手嶋氏は良い人だ!「スギハラダラー」買いましょう。
ちょっと単純かな?

ちなみに講演終了後、販売ブースに人がかなり並んでおりました。そしてなんと講演終了後にもかかわらず手嶋氏が購入者に一冊一冊サインをしておりました。さすがベストセラー作家は違いますね。






テーマ : この本買いました
ジャンル : 本・雑誌

ワードエクセルの文章をそのままPDF形式で保存する

今日知り合いの業者T氏と話をしていたところワードやエクセルの内容をそのままPDFにするソフトが無いかというはなしがありました。
基本的にT氏はパソコン音痴なのでフリーソフト等別途でソフトを開いて利用するものはおそらくNGで、しかもadobeを買えば良いのですがソフトにお金をかけたくないとのことで、紹介したのがオフィスのホームページからダウンロードできる追加機能です。
かなり使える追加機能ですが意外と知らない人が多いようなので紹介しておきます。

○追加機能
「ファイルを PDF 形式で保存する」
適用対象: Microsoft Office Access 2007, Excel 2007, OneNote 2007, PowerPoint 2007, Publisher 2007, Visio 2007, Word 2007

http://office.microsoft.com/ja-jp/help/HA100649921041.aspx?pid=CL100605171041

通常開いているエクセルやワードの画面から「名前を付けて保存」を押して、次に、[PDF または XPS] をクリック、保存先を指定するとすぐにPDFが完成です。

詳しい説明・ダウンロードは上記アドレスにて確認してください。
オフィス関連については他にもかなり使える機能があるのでたまにここの中をみてみると良い追加機能の出会えるはずです。




テーマ : 役立つツール
ジャンル : コンピュータ

はじめてのホームページ作成①

不動産業界というとコンピューターに疎い人がとても多い業界です。
おそらく業界の中でホームページの作成とかネットの広告利用とかに詳しい人は本当にごくごく一部の人のみです。
私の周りでも不動産業を立ち上げた人が何人かおりますが、話を聞くと皆インターネット媒体の必要性を感じていて、HPを作成しているようです。
使い方は様々ですが、残念ながら作成の動機は「ネット上で自社の紹介ページを作りたい」「ホームページが無いと信用されない」というのがメインのようで、インターネットを使って集客というのはほとんどの人が考えていません。

ライズ・エステートは仲介手数料が安いのが売りです。当然削れるものは削っていかなければ事業として成り立たちません。時代はインターネットの時代ですから会社を立ち上げるにあたって、集客はホームページを使ってという考えがありました。しかし、大きな問題は周りの人たちと同じように、私が純粋に不動産をやってきただけの人で、HP作成とかネット広告については全くの素人だということです。

それでも自分で会社を作りたいという気持ちはありましたので、他の人よりはPCに関しての知識は積んできたつもりでした。しかし、いざホームページの作成となると、会社をはじめる半年前ぐらいまで作成方法など全くわからない状況です。ましてサーバやメールソフトの利用方法など全くの知識ゼロです。

普通に考えれば、そんな人がネット系の会社など作れる訳ないとなります。
はじめるにあたって周りからもさんざんに忠告を受けたのですが、

でも、やってみたらなんとかなっています。
基本的に私の会社は2Fの普通の事務所を借りているのでインターネットで呼ばない限り客さんは来ません。
それでもなんとお客さんがホームページを見て定期的に連絡が入っているのです。

ちなみに今のところHPやSEOのプロを入れていません。
おそらくあと半年位はプロを入れるつもりがありません。

なぜかというと、
ホームページという媒体の仕組みを理解することで何か面白い仕組みが作れるような気がしますし、
こんなすばらしい広告媒体の知識を得られるなら是非やってみたいという気持ちからです。

このラインをクリアすると確実に安い仲介手数料ででも十分に採算がとれる体制になります。
とにかく頑張ろうと思います。

今、会社とホームページの形がだいぶ出来上がってきました。当然、やらなければいけない課題が山ほどあるのですが、やってみるとネット上のいろいろな所に集客のヒントがあることに気づきます。

この「ホームページ作成」の項については私もまだまだ課題の多いホームページ作成と集客という部分で、素人だけどこれから自分でホームページを立ち上げて、お客さんを集めたいと考えている方の一助になればというのが一つと、逆に周りの方から何かよい提案をいただけるようであれば頂きたいという気持ちから立ち上げました。

テーマ : ホームページ・ブログ制作
ジャンル : コンピュータ

鉄鋼値上げ

本日日経新聞26面にて4月以降の鋼板の2割値上げの記事が載っていました。
日本経済は全く良くなりませんが、
4月からの鉄鉱石等の原材料高とお隣りの韓国・中国への鋼板輸出好調が今回の値上げの材料のようです。

ちなみに鋼板のうち自動車用によく使われる
熱延薄板価格は東京の取引金額でみると平成20年9月115,000円/tから平成22年2月65,000円/t
冷延薄板価格は同じく東京で平成20年9月117,000円/tから平成22年2月78,000円/t

となっておりリーマンショック後急激に金額を落しました。
以降下がり続けた鋼板の価格がこれで下げ止まりとなるのか非常に興味のあるところです。

さて不動産業界にからめて考えてみると、
新築マンションにとても関係のある鋼材は異形棒鋼(いわゆる鉄筋)です。
異形棒鋼の金額も上記の鋼板同様にリーマンショック後大幅な下げを見せました。

異形棒鋼の価格を東京の取引でみると
平成20年9月113,000円/tから平成22年2月55,000円/t
へと急激に価格をさげています。

この55,000円/tという金額は、平成16年3月時点の金額とほぼ同等の金額です。

平成16年3月というと平成15年7月にりそな銀行が実質国有化されたましたが、
それをきっかけに景気の流れが一気に好転していった時期です。
異形棒鋼の価格は、それ以降国内需要に加えて、中国への鉄鋼の輸出に拍車がかかってリーマンショックまで一気に上がって行きました。

トンあたり10万円を超えるような価格は今まで考えられれないような金額でしたが、外需によって大幅に価格は上がって行きました。
当然そのしわ寄せは新築マンションの販売価格に反映されて、高すぎる価格のため販売が進まず、それを今でも引きずっている会社が多くあります。

最近の鉄筋価格の下落は不動産や建築業界にとってひさしぶりに大きな好材料です。
4万~5万円台/tをキープできるとだいぶ業界としては楽になると思うのですが、
今後また外需に押されて金額が上がってしまうのか・・・

マンション在庫減少の記事がありましたが、業界の先行きにも影響がでるところでもあるのでとても気になるところです。

テーマ : 不動産
ジャンル : ビジネス

花菜ガーデンへ行ってきました

神奈川県平塚市に3月1日より農業・園芸をテーマにした「花菜ガーデン」がオープンしました。
前日に地元民を対象に施設が開放されるとのことで、私もプレオープンに参加してきました。
preopen

午前中までかなり雨が降っていましたが、14:30からのプレオープン前には雨もやみ、多くの方がプレオープンに訪れていました。

全体の規模は横浜スタジアム3.5個分(約95,000㎡)と大きく、
テーマは園芸と農業で、この施設を通して園芸と農業を学び・体験するというのが目的のようです。

施設は中央の広場を中心に
①めぐみの研究棟ゾーン
②フラワーゾーン
③アグリゾーン
のエリアに分かれていました。
map


中央広場(みはらしデッキより)
中央広場

展望台


①めぐみの研究棟ゾーン
入り口周辺のレストラン・ショップのほかに展示場・ライブラリー、クラフト実験室、料理等の研修ができるキッチン工房等がありました。子供たちのサブ的な教育施設といったところでしょうか。
jikkenntou
図書館
図書館
キッチン
キッチン

②フラワーゾーン
いろいろな植物を広い庭園の中で見せていく内容となっていました。基本的に園芸が好きな方向けのエリアだと思います。私にはちょっと退屈なエリアでした。

③アグリゾーン
田んぼ・畑・ビニールハウス(プラントハウス)があり農業体験ができるエリア
hatake

hatake2

ta

子供広場(子供は思いっきり走り回ってました)
kodomohiroba


プレオープンで園内を一通りみて「なんかつまらん」「こんな箱モノを…」とおじさんがぼやいてましたが・・・
派手な施設・企画はないので、よくあるテーマパークに慣れてしまっている私たちがここを訪れると特にやることもなく、期待外れとなりそうです。

ちなみに子供をハイキングに連れてくる・目一杯走らせるには良いところです。(妻も年間パスを買うとのことです)
イメージとしては一般の方は花菜ガーデン企画の園芸のスクール、子供たちは学校の授業の一環でここに来て農業や園芸を体験するというイメージでしょうか。
農業体験とか自然との接点を持ってもらうような、そんな施設でした。

周辺ではすでに1月にオープンしている「湘南いちご狩りセンター」のほか、3月14日には地元野菜を直売する「あさつゆ広場」、3~4月には周辺の田んぼでれんげ畑が楽しめ、4月上旬には「農の体験・交流館」「金田市民農園 マイ菜ファーム」などが順次オープンする予定となっており、花菜ガーデンを中心に地域全体で農業・園芸をテーマにした「ひらつか花アグリ」が作られていく予定のようです。(http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/shared/000050170.pdf

テーマ : 関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨)
ジャンル : 地域情報

プロフィール

今日の報告

Author:今日の報告
値引額連動型の仲介手数料体系
ライズ・エステート合同会社
仲介手数料定額21万又は仲介手数料無料

ホームページはこちらをクリック
http://www.rise-estate.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。